医療法人社団ときわ会 大塚台クリニック

〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-23-3
03-5974-6141

セミナー・勉強会

外来時間

一般外来
月~土 10:00~12:00
14:00~17:00
日・祝日休診
透析外来
月・水・金 9:00~22:00
火・木・土 9:00~17:00

医院情報

住所
〒170-0004
東京都豊島区北大塚1-23-3
電話番号
03-5974-6141
FAX
03-5974-6142
E-MAIL
otukadai@xf6.so-net.ne.jp

アクセス JR 山手線大塚駅より5分 JR 山手線巣鴨駅より6分

「とげぬき地蔵会の新年会と第4回髙橋記念医学セミナー」開催のお知らせ

日時
平成29年2月18日土曜日
髙橋記念医学セミナー
講演会 17:30-19:10講演会
場所
大塚台クリニック 3階 セミナー・ルーム
懇親会
19:30-22:00
場所
「鮮」和食 巣鴨とげぬき地蔵商店街 03-3915-3024
会費
一般 10,000円 大学関係者 7,000円 
若い会員や職種によっては会費を減額します。

とげぬき地蔵会の新年会と第4回髙橋記念医学セミナー

最新情報をお二人の講師にわかりやすく講演をしていただきます。

講演内容.1
  1. 先行的腎移植―preemptive kidney transplantation (仮題)
    講師 中川 由紀 新潟大学医歯学総合病院 泌尿器科

     先行的腎移植は、透析療法を経ないで腎移植をするもっとも理想的な腎代替療法の一治療手段です。小児科領域においては、かなり前から実施されてきました。その理由は、透析療法では成長・発育が望めず、さらに腎性骨異栄養症(CKD-MBD)、透析困難症、尿毒症性心筋症、および学業の遅延など透析療法では、避けがたい合併症が多く見られるからです。
    成人においても、透析歴が短ければ短いほど生命予後が良いことが証明されるに至って、2000年頃からわが国でも施設によっては、生体腎移植の3-5割を占めています。それではなぜ? 推奨するのかを講演していただきます。

講演内容.2
  1. 東日本大震災―いわき市の過去、現在、今後の対策 (仮題)
    講師 川口 洋 公益財団法人 常磐病院 名誉院長

     私は、2004年に新潟中越地震、2007年に新潟中越沖地震の直下型の大地震を経験しました。中越沖地震では、新潟小千谷市では震度7を経験しました。周知の通り長岡市では、新幹線が開業以来、初めて脱線事故を起こし、その復旧には2か月間を要しました。
    そして2011年3月11日午後2時46分、マグニチュート9.0、ブレート型の東日本大震災が発生しました。その時、いわき市では、地震、津波、および放射能汚染の三重苦を経験しました。そして川口先生と常盤先生は、ある決断をしました。その決断とは-------

     なお、髙橋記念医学セミナーにかかる経費は、2012年 日本医師会医学賞の賞金の一部を原資としています。

    1.講演のみ参加 会費は必要ありません。
    2.講演、一次会参加
    3.欠席


    返事は。1~3のどれかでお知らせください。
    新年会は、「鮮」巣鴨とげぬき地蔵商店街で開催します。

大塚台クリニックの所在地

大塚台クリニックは、JR大塚駅より5分、巣鴨駅より7分のところにあります。
こちらの地図をご覧ください。

第3回髙橋記念医学セミナーのお知らせ

 すっかり涼しくなりました。
 皆様、この夏はどのようにお過ごしでしたか。まちに待った食欲と勉強の秋がきました。
第3回髙橋記念医学セミナーを下記の通り開催します。
とけぬき地蔵会の会員の皆様、ふるってご参加してください。

第3回髙橋記念医学セミナー

日時
平成28年11月26日土曜日
講演会 17:30-19:10
場所
大塚台クリニック 3階 セミナー・ルーム
講演内容.1
  1. 「Clinical Scientistを目指して -尿中ポドサイトを追う-
    講師 原 正則 新潟県立吉田病院 副院長 小児科部長

     腎臓の糸球体Podocyteの研究では世界的な第一人者で、産学共同研究を推し進め試薬・抗体の特許も取得しています。Podocyte は巣状糸球体硬化症(FSGS)や慢性糸球体腎炎の進行に大きくかかわっており、その謎に迫ります。来年、このライフワークをまとめて、「腎と透析」を出版している東京医学社より単行本を刊行する予定していますので、その際も宜しくお願いします。

    【履歴】  
    昭和51年 新潟大学医学部卒業 新潟大学医学部小児科入局
    昭和57年 新潟大学医学部大学院(腎研究施設病理形態学部門 木原教授)卒業
    富山医科薬科大学小児科
    昭和61年  フライブルグ大学(A. Vogt教授) 西ドイツ 留学
    平成2年 新潟県立吉田病院小児科
    平成24年  同副院長
講演内容.2
  1. 「ウイルス性肝炎の治療と肝移植の現況」
    講師 市田 隆文 湘南東部総合病院 院長 順天堂大学名誉教授

     わが国の肝移植は外科主流で実施されてきましたが、その中で数少ない貴重な肝臓内科医として活躍されてきました。わが国の脳死肝移植適応評価委員会の委員長でもあります。今回は、最近様変わりしたB型、C型ウイルス性肝炎の治療と肝移植の現況についてわかりやすく解説していただきます。趣味も幅広く日本ペンクラブの会員でもあります。隆文先生のお父上(市田 文弘先生)は、新潟大学医学部第3内科の初代教授としてご活躍し、慢性肝炎の犬山分類の主導的な役割を果たしました。われわれ医学生時代の恩師です。

    【履歴】  
    昭和50年 新潟大学医学部 卒業
    昭和54年 富山医科薬科大学第3内科 助手
    昭和58年 新潟大学医学部大学院 卒業
    昭和59年 Free University of Brussels 細胞生物学教室 留学
    昭和60年 American Health Foundation Naylor Dana研究所 留学
    昭和62年  新潟大学医学部附属病院 講師
    平成3年 Pittsburgh大学外科学教室移植研究所Medical Center留学
    平成14年 新潟大学医学部附属病院 臨床試験副部長 助教授
    平成16年 順天堂大学医学部付属静岡病院 消化器内科 教授
    平成25年 同 副院長
    平成26年  湘南東部総合病院 院長 順天堂大学名誉教授

 なお、髙橋記念医学セミナーにかかる経費は、2012年 日本医師会医学賞の賞金の一部を原資としています。
メーカー側より一切資金の提供は受けておりません。

 1.講演のみ参加 会費は必要ありません。
 2.講演、一次会参加
 3.欠席


返事は、1~3のどれかでお知らせください。
懇親会は、19:30より原点に戻って一番評判の良い「鮮」 巣鴨とげぬき地蔵商店街で開催することにしました。
貸し切りにしています。美味しい山海の珍味をみんなで楽しみにしましょう。

とげぬき地蔵会の懇親会

時間
19:30-
場所
「鮮」 巣鴨とげぬき地蔵商店街
03-3915-3024

大塚台クリニックの所在地

大塚台クリニックは、JR大塚駅より5分、巣鴨駅より7分のところにあります。
こちらの地図をご覧ください。

第2回髙橋記念若手セミナーのお知らせ

 第2回高橋記念医学セミナーでは、講演を東京医科大学健康管理センター教授 高澤 謙二先生と東京女子医科大学腎臓外科代行 渕之上昌平先生にお願いしました。
 高澤先生の講演「血圧評価の大いなる問題」を聞いて、私は、「たかが血圧」と思っていましたが、「されど血圧」すなわち、血圧の評価は奥深いことを再認識しました。是非とも機会があれはせ医学生に聞いてほしいと思います。反射圧(Behind Pressure)の存在を知って、日頃、血圧に関して臨床で疑問を抱いていた問題点を払拭することができました。
 渕之上先生の講演「膵腎移植の現況とその問題点」では、せっかく膵移植をしても自己抗体によって、また、I型の糖尿病が再発する例があることも知りました。

 さて、第2回の若手医学セミナーのお知らせをします。
 われわれが1989年にわが国で第1例目のABO血液型不適合腎移植を実施してから四半世紀が過ぎました。その間、わが国では累積4,000例以上のこの移植が施行され、その成績は飛躍的に向上して、適合移植の成績と遜色なくなっています。
 しかしながら現実に移植前後の周術期の管理や治療法を見ると、相変わらずAlexandreら原法に準じて、苦労している施設も多いことに驚きます。そこで症例を通じて、これらの点を徹底的に検証したいと考えております。

 

ABO血液型不適合腎移植患者のすべて

日時
平成28年8月7日日曜日
14:00-18:00
場所
大塚台クリニック3F セミナールーム
参加
無料 クールビズ ノーネクタイ
14:00-15:50
第1部
症例検討 司会 高橋公太
症例1 ATN後に尿細管障害が遷延した一例
     日本赤十字社医療センター腎臓内科 本田 和也

症例2 急性抗体関連型拒絶反応を合併した例
     日本赤十字社医療センター腎臓内科 楊井 朱音
     質疑応答 討論
     コメント 新潟大学医歯学総合研究科 泌尿器科 田崎 正行
 
16:00-18:00
第2部
講義   ABO血液型不適合腎移植における成功のこつ
     高橋 公太
     新潟県臓器移植推進財団 日本臓器移植ネットワーク 大塚台クリニック
     質疑応答 総合討論
 
参加者
日本赤十字社医療センター腎臓内科 医師 メディカル・スタッフ
東京女子医科大学 腎臓外科 医師
新潟大学医歯学総合研究科 泌尿器科 医師
大塚台クリニック メディカル・スタッフ
製薬メイカーMR
自由参加
セミナー終了後 場所を移動して夕食を兼ねた懇親会をします。予算は一人3000円にします。

第2回髙橋記念医学セミナーのお知らせ

 第1回セミナー(3月26日土曜日開催) ハーバード大学MGH外科教授 河合達郎先生の講演会には約40名の方々にお集まりいただきましてありがとうございました。大変盛会で、会場入りきるかどうかひやひやでした。
 講演の内容は、「日本人の知らない米国から見たTPPと日本の医療」「私の研究:腎移植における免疫学的寛容:基礎から臨床まで」であり、最新情報を知ることができ、講演後もホットな質疑応答がなされました。米国で、しかも世界最高レベルのハーバー大学で生き残るにはどうすればよいか、講演の端はしにその厳しさがにじみでていました。今後も海外在住の日本人研究者に対して、われわれ日本人は、応援していきたいと考えております。会員の皆様が学会、研究会を主宰するときには是非とも講演を依頼していただければ幸いです。
 さて次回の「髙橋記念医学セミナーととげぬき地蔵会」の会告です。講師はメンバーの二名の先生にご依頼申しあげました。

第2回髙橋記念医学セミナー

日時
平成28年6月18日土曜日
講演会 17:30-19:30
懇親会 20:00~
場所
大塚台クリニック 3階 カンファランス・ルーム
講演内容
  1. 血圧についての大いなる問題
    講師 高澤謙二 東京医科大学教授
  2. 膵腎移植の現況とその問題点
    講師 渕之上昌平 東京女子医科大学腎臓外科代行

なお、髙橋記念医学セミナーかかる経費は、2012年 日本医師会医学賞の賞金の一部を原資とし、あとは会員の皆様の会費で運営しております。共催メーカーからは一切寄附を戴いておりませんので、COI(利益相反)はありません。

とげぬき地蔵会の懇親会

時間
20:00-22:00
場所
「清緑園」中華料理 巣鴨とげぬき地蔵商店街
03-3940-9275
二次会場所
とごとご 串揚げ屋 大塚折れ戸通り
03-5972-1748

第1回髙橋記念若手セミナーのお知らせ

腎移植にかかわる医師、およびメディカル・スタッフへの講義

日時
平成28年5月12日木曜日
17:00-19:00
場所
大塚台クリニック3F カンファランス・ルーム
対象参加者
若手医師 看護師 製薬メーカー MR
講演内容
「腎移植患者のフォローアップ 」
講師 高橋 公太
参加費
無料(若干空きあり)

第1回髙橋記念医学セミナーのお知らせ

大塚台クリニックでは、髙橋記念医学セミナーを開催しました。第一回目の講師にはハーバード大学MGH外科教授をお招きして下記の内容で講演をしていただきました。講演の内容は、好評で、大変印象深く、講演後、熱心な質疑応答がなされました。セミナー終了後、恒例の「とげぬき地蔵会」を東京大学農学部内「アブルブアのバー」貸切って懇親会を開きました。講演終了後、集合記念写真をとりました。中央に座っていらっしゃる先生が河合教授です。

特別企画「ハーバード大学MGH外科教授 河合達郎先生の講演会」

日時
平成28年3月26日土曜日
17:30-19:15
場所
大塚台クリニック 3階 カンファランス・ルーム
講演内容
  1. 日本人の知らない米国から見たTPPと日本の医療
  2. 私の研究: 腎移植における免疫学的寛容: 基礎から臨床まで

昨年5月の連休、フィラデルフィアで開催された米国移植学会で河合達夫先生と久しぶりに会食をしました。
河合先生は、日本大学医学部を卒業し、私が東京女子医科大学腎臓病総合医療センターで医局長をしているときに太田和夫教授門下に入局しました。その後、ハーバード大学MGH移植外科A.Benedict Cosimi教授の元に留学なされ、臨床と研究に研鑽を積み、この度、永年教授に就任しました。
河合教授にも、以前よりこの「とげぬき地蔵会」の会告を知らせており、来日した折に参加し、皆様と懇親をはかりたいとの希望がありました。今回、この好機にご講演をしていただきました。

今回の主な出席者
  • 秋山(新潟県臓器移植コーディネーター 新潟市)
  • 小野(聖マリアンナ医科大学横浜病院脳外科 部長 川崎市)
  • 河合(ハーバード大学MGH 教授 ボストン、米国)
  • 神原(常磐病院 事務長 いわき市)
  • 小池(新潟労災病院 院長代行 上越市)
  • 佐藤(山梨大学 名誉教授 元副学長 八王子市)
  • 佐中(東京女子医科大学名誉教授 東京都)
  • 白石(白石病院 理事長 鹿児島市)
  • 杉山(東京薬科大学 准教授 八王子市)
  • 高橋(大塚台クリニック 院長 東京都)
  • 髙橋千枝子(国際ソロプチニスト、江戸千家茶道 教授 東京都)
  • 髙橋昌里(日本大学医学部小児科 教授 東京都)
  • 寺岡(東京女子医科大学名誉教授 東京都)
  • 頓所(東京女子医科大学腎臓外科 助教 東京都)
  • 中川(新潟大学医歯学総合病院泌尿器科 病院講師 新潟市)
  • 林(東京医科大学八王子医療センター乳腺外科 教授 八王子市)
  • 渕之上(東京女子医科大学腎臓外科 教授代行 東京都)
  • 八木澤(自治医科大学移植外科 教授 栃木県)
  • 柳原(新潟県立吉田病院 顧問 新潟県)
  • 吉田(北里大学移植外科 教授 神奈川県)
  • 大塚台クリニック メディカル・スタッフ
  • アステラスKK、全薬工業 KK、協和発酵・キリンKKの MR

なお、この研究会は、会員の会費のみで運営し、メーカーから一切の寄付はありません。したがって利益相反もありません。

Page Top